ゲーム理論

経済新聞を購読しているのですが、
きょうの新聞に2005年のノーベル経済学賞についての記事がのっていました。
20世紀前半、数学者のフォン・ノイマンが人間関係の分析を
科学に仕立てあげようとしたところからゲーム理論が始まったということです。
今回ノーベル賞を受賞したトーマス・シェリングとロバート・オーマンは
このゲーム理論を現実社会に応用したことが評価されました。
利害のある人間関係のなかで、
一時的な利益を追求するよりも、
長期的な信頼関係を築くほうが結局は利益が大きくなることが示されています。
やみくもな競争は経済効率を悪化させると書かれていました。

経済の側面にかぎらず、
社会のなかで相手との関係を考えることは最初にあることのようです。

# by tukisamumental | 2005-10-12 16:30