心憎い男。



マリナーズのイチロー選手の特集番組をTVでみたことがある。
本拠地シアトルで試合があるときは、朝、昼兼用の食事をとっている。
カレーを作り置きしておいたのを解凍して食べていた。
試合の前は必ずこのカレーを食べているそうだ。
TV画面のなかでうまそうにカレーを口にはこんでいた。
奥さんがたくさん作っておいて、冷凍しておくのだ。
このことはあまり口外したこがないという。
なぜかというと、奥さんがカレーしか作らないと誤解されること心配したのだ。
心憎い男、イチロー。

バッターボックスに入ると決まった仕草でピッチャーを迎え撃つイチロー選手。
シーズン中は生活のなかの動作がすべてルーティンになっているようだ。
まさに職人なのだ。

その番組後より、
早朝ゴルフの帰りは、なか卯でビーフカレー大盛りを食べることが多くなった。
けっこううまいのである。
ゴルフの腕前はさっぱりなのである。
カレーを食べることだけ真似ても効果がないのである。
ただのカレー好きのおっさんなのである。

だが、
いつかイチロー選手のように華麗にプレーすることを夢見ている・・・・

# by tukisamumental | 2008-07-04 20:40  

道草。



あたらしくしてみました。
いかがでしょうか?

なかなか更新できずにいましたが・・・
これからもこのペースでいきたいと思います。
近況や、思ったこと、写真などのせていきます。
賛否両論あると思いますがよろしくおねがいします。


よさこい踊り、神宮祭と目白押し。
いい季節になってきました。

small axe改め、道草コラムです。
かたちにとらわれずにどんどん変化していくつもりです。

# by tukisamumental | 2008-06-15 19:39  

宇宙衛星。




・・・・・人間の欲望は、その意味を、他者の欲望のうちに見出す。
それは、欲望される対象への鍵を他者が握っているからというよりは、
むしろ、欲望の第一の対象は、他者によって認められることだからである。
人間の欲望が形作られるのは、他者の欲望としてである。


欲望は他者との関係と分離できないことをラカンは示している。
フロイトによれば人間の社会は最初から「欲望の体系」だそうだ。

精神分析は、この欲望を明確化し純化する技法・理論といえる。
だから宗教のような救済、癒し、医学的治癒を目的とはしない。
何が善くて何が悪いかを定めようとするなら、
その前に自分の欲望を知らねばならないとラカンはいう。

ひとが自分の欲望を認識してそれに基づき動くなら、
人生の困難や葛藤に悩むことがあっても、
それはまったく違った仕方のものになるとラカンは考えた。
精神分析は苦しみをとってくれるわけではないのである。

他者にむかう欲望とは対極的に、
ドゥル-ズは欲望を主体にふりあてることをやめた。
欲望は機械のように連結してものを生産し、社会を構築していく。
欲望が人間関係じたいをつくりだすと考える。

何れにせよ、ひとびとがどのように欲望のパワーをいかして、
よりよく生きていくことができるかが課題のようです・・・



話変わって、円鏡(いまの円蔵)の謎掛けをふたつ。

宇宙衛星と掛けて、宇宙衛星と解く、そのこころは宇宙衛星だから

宇宙衛星と掛けて、氷と解く、そのこころはどちらも自転車屋で売ってくれない



ナンセンスですわ。 ほんとくだらない。
しかし笑いでは許される。
見方によったら禅の公案のようです。
ラカンはむずかしい。

でも、
馬鹿馬鹿しすぎて元気になりませんか?
くだらなくて怒るひともいるでしょうか・・・

わたしはラカンより円鏡のほうががぜんすきですね。
比較するようなことじゃないですがね。

二人ともことばを生業としています・・・・

# by tukisamumental | 2008-05-06 18:17 | 考えるシリーズ  

山スキー。


登りで2時間半か?
ずいぶんと疲れたね。
帰りのすべりで足ツッタもね。

背景のしろは雲海。
風もなく天気もよかったです。
もう春ですよ。

とにかく山頂ついたらサッパリしたわ。
風呂でもサッパリした。
いえに帰ったらグッタリでバッタリでした。

e0088411_21344246.jpg

# by tukisamumental | 2008-03-18 21:39  

ワイスホルン。



晴天でした。
e0088411_2095076.jpg




CATで山頂へ。
e0088411_2011222.jpg




ワイスホルンから見た雪を頂くアンヌプリとイワオヌプリ。
e0088411_20135917.jpg


ワイス最高でした。

# by tukisamumental | 2008-02-10 20:21  

藻岩山。


ここのところ2日ばかり雪が降ったので、
スキーに行ってきた。
だいたい藻岩山だと2時間くらいパーッと滑ってくる感じだ。
南斜面の方にクルマをとめて数回滑ってサクッと帰る。

きょうは雪がふかく条件がよかった。
ニセコに匹敵するくらい好いときがシーズンに数回あるので、
窓から眺めて、降ったときはパーッと行ってくるのだ。

北斜面の上はひざ上くらいの深雪だった。
滑って居ったら、遠く左の斜面でスキーがはずれて助けを呼んでいる少年がいた。

たすけてクダサーイ。
両手にスキーを抱えて雪に埋もれておる。
どうやらけがをしているわけじゃなさそうだ。
ヘルメットをかぶっている。地元のアルペン少年団にいるといった感じの少年だった。
小学4年くらいだろうか?斜面の下から彼の友達がなにか声をかけている。

だれかたすけてクダサーイ。
斜面にはどうやらおれとその少年しかいないようで、こっちを向いて呼んでおる。

まあ、とりあえず行ってみることにした。

ハア、ハア、ハア、ハア、たすけてクダサイ。
どうしたのよ。
スキーがはずれて、ハア、ハア、ハア、
じゃあ、スキーをもってるからはきなさい。
ハイ、ハア、ハア、
はけない・・・はけない・・・・
おちつけ。スキーにちゃんと平行になってから踏み込んで。
ハイ、ハア、ハア、
大丈夫だから。おちついて。

5分くらい問答が続いたろうか。

ガチャ。あっ、はけた。
よし。
ありがとうございました。
スキーをはくと、水を得たサカナのように滑り降りていった。
だから、深い方にいくなっていったべや。
ちゃんとお礼したのか。
友人とふたり、ありがとうございましたぁ~、と広い斜面に声が響きわたった。

あの少年、わりと早めに助けを求めるタイプと御見受けしました。
あまり心配のいらないタイプとお見受けしました。

ボンズども、またたすけてやっからな~。

# by tukisamumental | 2008-01-26 21:11  

ことばと世界。つながりのコスモロジー


ことばによって世界を切り取り、
断片化したことばを集めて世界を再構成する。

再構成された世界は各々で違っている。
ゆえにひとは同じ世界を共有しているわけではないから、
喜んだり、悲しんだりしながら他者とコミュニケーションをつくっています。

メルロ・ポンティはことばと思考の関係についてこんなふうに言っている
    
    語り手は話すまえに考えるのではないし、話すあいだに考えるのでもない。
    語り手のことばが思考そのものである。 
    ・・・語はわたしの言語的な世界のひとつの特定の場であり、
    わたしの装備の一部である。
    わたしがそれを表象するには、ひとつの方法しかない。
    それは発音することである。


随分さっぱりと考えていますね。

ことばを原因として虚構の世界も生じるし、
つながりのコスモロジーを生きることもできるのだ。
多くの人は、できれば断片化していない世界で、
分離感や孤立感なく生きたいと思っているのではないでしょうか。

断片化していない世界を生きることは可能なんじゃないかと
こんやのわたしは考えています。

# by tukisamumental | 2007-12-28 22:50 | 考えるシリーズ  

羅臼沖の海底にもぐっているマガレイに国境は関係あるか?


あしたはなに食べっかなあ・・・
しかし・・・きのう食べたものもよく覚えておらんのだ。

きょうはカレイの煮付けをたべた。
羅臼産だそうだが、
知床半島近海の海の底でボンヤリしていたら底引き網に引っ掛かったんでないかしら。
いや~、うまいんでないかい。

毎日いろんなものを食べているが、また腹が減ってまた食べる。
あしたにたべるものがなくて困ることがないのでありがたいが。
・・・いや、ほんとうにありがたいと思っているのか俺は?
断食でもして感覚かえてみるか。

TVをみていると、おいしいものたべて楽しむという風潮がある。
また、大食いを競い合ったり、それを見て楽しむというのもある。
いろんな楽しみがあるもんだが、あんまり感心しない。

食べ物に感謝して食べたいもんだ。

そしてあしたもまた腹が減るのだった・・・

# by tukisamumental | 2007-12-17 22:34  

牛肉関係。


「失礼ですけど、おたく牛肉関係の方ですか?」と祖母にきかれた。
「いえ、ちがいますよ。」と答えた。
最近、食肉偽装の問題が世間で話題になっているせいだろうか。

子供の頃はよく祖父母の家に遊びに行ったのである。
祖父は門徒で朝晩かかさず御経をあげていた。
いつも将棋や碁の相手をしてもらったり、
TVで大相撲を観たりして過ごした記憶がある。
その祖父はもう亡くなっている。

祖母は認知機能が衰えてきたが、日によってはすっきりしているという。
足腰も弱くなっており、このたびは長女の家で静養している。
そこで、久方ぶりに会いに行ったのだ。

目をつむってイスに腰掛けている・・・
めいそうしているようにもみえる。
ねむっているようにもみえる。

帰りの車の中でハンドルを握りながらすこしばかり頭がボーっとした。

ずいぶんと時間が経ったものだ。
しかし、なんで牛肉関係なんだ・・・

# by tukisamumental | 2007-11-20 22:19  

党首会談。


小沢さんは民主党の代表を辞めると言ってましたが、
6日に辞意を撤回して代表にとどまることを発表しました。

ほかに人材がいなかったのか、
はたまた離党による党分裂を恐れたのか党執行部は慰留を続けました。
民主党内部では小沢優位にことが運んでいるように思いますが、
有権者の不信感は党にとっては痛手かもしれません。

このたびの辞職騒動は茶番劇のようでしたけど、民主執行部はあわててしまいました。
意識的に仕組んだのか、たまたまそうなったのかわかりませんが・・・
小沢さんは田中角栄さんの下で薫陶を受けたので政治的な技術は達者なのです。
今後連立はないにしても、政策協議などあるかもしれません。

大事なときにはあわてないほうがいいですね。

# by tukisamumental | 2007-11-07 22:10